新着情報

マスク装着時の熱中症に注意が必要 【クレバー保険ニュースレターNO.2】

今日から7月に入りました。

 

6月中に他県往来禁止も解除され徐々に日常が戻りつつあると

思っている方々が多いと思います。

 

当社本社の前の花壇のひまわりは順調に育ち7月中にはご来店のお客様を

黄色のかわいらしい顔でお出迎えできそうです。

 

まだまだ梅雨のじめじめした感じの多い今日この頃

マスクをしての通勤や通学、学校・職場でも外せず。


最近では「コロナ警察」と自称?する人からマスクをしていないと

注意を受けることがあるとのニュースを目にしました。

 

信号待ちをしているとき『暑いな~!ちょっとだけ』と

マスクを外したら注意された、そんな話も聞きました。

 

今年の夏も例年以上の暑さが予想されるそうです。

そんな中マスク着用時の熱中症に≪注意してください≫との

ニュースや記事を最近よく目にします。

 

通常だとのどが渇くのにマスクをしていると湿度が保たれているために、

のどが渇いた事に気付きづらいため、水分補給を怠り熱中症になってしまう・・・

 

そんな危険が多くなるようです。

 

当然こまめな水分補給やクーラーや扇風機の使用し対策を取ることが重要です。

 

しかし・・・外にいるときにコロナ警察に何か言われるのも嫌だな~と思いますよね。

 

現在は夏用マスクの販売が進んできています。

スポーツメーカーが水着の素材で!

某有名衣料メーカーは涼しい下着の生地で。

 

中にはマスクに小型フィルター付き換気扇のような物を取り付け強制換気をして、

暑さ対策ができるマスクまで売り出されています。

 

ぜひご自分のライフスタイルに合ったマスクを探して、

熱中症には十分お気を付け下さい。